【9700K】MPG Z390I GAMING EDGE AC レビュー Mini-itxで5Ghzオーバークロック!

自作PC

前回記事でマザーボード「Z370I GAMING PRO CARBON AC」を買うもBIOSが未対応で9700Kが起動しなかったヘマを起こした筆者。

BIOSアップデートをセレロン G4900で済まそうと思うも、価格(7000円)にビビり「MPG Z390I GAMING EDGE AC」を購入したのでレビュー。

9700Kは無事に起動しました。

  1. マザーボード外観&付属品
  2. 5GhzのBIOS設定
  3. Prime95での温度

3本柱でのレビュー記事です。

Z370マザーボードでi7 9770Kが起動せず。BIOSアップデートの為にCPUを買うハメに
「Mini-ITX+i7 9770K+RTX2070」の自作ゲーミングPCで悲劇が起きた…特価で買ったZ370マザーボードのBIOSが未対応でi7 9700Kが起動せず。 Z390マザーボードを...
スポンサーリンク

Z370iと比べM.2端子が2つ&ファン端子が3つにパワーアップ

開封〜
付属品はこの価格帯(2万円以下)では、ほぼ共通化されてる内容。

  • SATAケーブル(3本)
  • Wi-Fiアンテナ
  • M.2のネジ
  • 説明書やドライバーDVD
  • バックパネル
  • 謎のドラゴンシール(アップルシール並に使いみち無し)

M.2によって煩わしいSATAケーブルから解放され筆者はここ数年2.5インチや3.5インチドライブは使わなくなり今回もバックパネルのみの使用。

Z370iとZ390iを並べてみた。
マザーボードのデザインはMPG Z390I GAMING EDGE ACの方がかっこよく見えます。

有線LANがインテルチップからRealtekに変わってるのがややマイナス点でしょうか?昔、CPU負荷はインテルの方が低いと言われてたけど現在のRealtekは優秀なので気にする必要は無いでしょう。

嬉しい点はM.2端子が2つ(表と裏)&ファン端子が3つ(CPU&ファン2つ)になった事。
将来的に表のM.2が容量不足に陥ったらもう一枚足せるのでMSIナイス。
大作ゲーム1本50GB近いので多分使う。

ほとんどのMini-itxはファン端子が2つ。
CPUファンと背面ファンを接続したら終わりで小さいケース内で冷却を考えると足りないので3つあるとケース前面にファンを設置など出来てGood。

組込中。
CPUクーラーはDEEPCOOL 簡易水冷「GAMMAXX L240」

CPUグリスはオーバークロッカー御用達の熊グリス「Thermal Grizzly Kryonaut」

以上の2つで9700Kを冷やせるか。

その他パーツ構成

CPUintel Core i7 9700K
メモリPatriot Viper Gaming DDR4-3200
SSDNVme intel SSD660P 512GB
ビデオカードギガバイト RTX2070「GV-N2070WF3-8GC」
電源Corsair SF600 SFX電源 600w
ケースAbee AS Enclosure RS01
OSMicrosoft Windows 10 pro

かなりギッチギチに組み上がりました。
ケースがかなり小さい為、構造上マザーボードの真上に240mmラジエーターを配置する形に。
トップフローのCPUクーラーみたいにファンからの風でマザーボードのヒートシンクに風が当たり冷やせるメリットあり。

5GhzでPrime95が1時間通ったので常用決定!

BIOSでの5Ghz設定。
今のマザーボードって細かな設定しなくても簡単にOC出来るんですね。

  • CPU Ratio:50
  • Ring Ratio:47
  • CPU Core Voltage:1.34
  • Load Line Calibration(LLC):mode 1

多分、電圧はもうちょい下げれると思うけど詰めれてないです。

簡易テストとしてPrime95を1時間回してみた温度はコチラ
4.7Ghz版も検証してみました。
室温は20度。

クロック最小温度8コア平均最高温度
5Ghz(1.35v)41℃80℃
4.7Ghz(1.25v)38℃72℃

ファン速度は80%で静音性を考慮し回してる為、100%で回せばもうちょい温度下がると予想するもギッチギチMini-itxだと80℃行っちゃいますね。
春は5Ghzで常用して夏は4.7Ghzが筆者環境ではちょうどいいと思いました。

あとはRTX2070でのベンチマークを取るだけ。
Ryzen環境よりスコアがアップしてくれると良いんだけどなぁ(倍予算かかってるんで)

RTX2070+i7 9700Kでディビジョン2のベンチマークを計測。ベストなグラフィック設定を探ってみた
i7 9700K+RTX2070の自作PCを組んだのでグラフィックが結構重たいと噂の「The Division 2」のPC版を購入してみました。 プレイする前にRTX2070での高フレームレートと画...