MENU
ばぶりん
ガジェット・うさぎ好きなアラサー男性看護師。
会社員→期間工を経て20代後半で看護学校に行き看護師資格取得。
うさぎと過ごすことで日々活力をもらっています。
カテゴリー
看護学校で使える給付金!解説記事→CLICK!

【看護学生】専門実践教育訓練給付金の「追加給付」で52万円貰えました!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

私は看護師になりたくてもお金がありませんでした。
ハローワークに相談し教育給付金の1つである「専門実践教育訓練給付金」を知り3年間、生活費と学費のサポートを受けながら専門学校に通いました。

そして無事、看護師になる事ができました。しかしこの制度は看護師になってからも大金が貰える神制度。
お金が振り込まれたので、お金を貰うための条件を記事にしました!

専門実践教育訓練訓練給付金についてはこちらの記事がオススメ。

https://www.dekarin.com/entry/scholarship-url

https://www.dekarin.com/entry/nurse-school_fees-url

お金が無くても看護師になれるこの制度をぜひ皆さんに活用して欲しいです。

Contents

頂いた金額は52万円。しかも非課税なのが嬉しい。

気になる金額は52万円貰いました。
3年間お金を貰えた上に看護師になってからも大金が振り込まれました。
専門実践教育訓練給付金で貰えるお金は失業保険と同じで非課税。
なので52万円丸々懐に入ってきます。

振り込み金額は3年間の訓練経費(授業料など)のトータル金額から20%(上限あり)
学校を卒業するだけでは自動的に振り込まれないので次に条件を説明していきます。

看護師資格の取得と就職は必須

今回、看護師になってからもお金がもらえたのは「追加給付」という専門実践教育訓練給付金の仕組みを利用しました。
条件は下記になります。

専門実践教育訓練を修了し、資格取得等し、かつ、被保険者として雇用された日の翌日から起算して1か月以内(被保険者として雇用されている方は、専門実践教育訓練を修了し、かつ、資格取得等した日の翌日から1か月以内)
※ハローワークの説明文から引用
https://www.hellowork.mhlw.go.jp/insurance/insurance_education.html

なんだか分かりづらい説明ですね…わかりやすく言うと

①看護師資格を取得する。
②看護師資格を利用して就職し雇用保険に加入する。
③ ①と②の条件が揃った時点から1ヶ月以内
ハロワが言う「資格を取得した日」は看護師資格の場合「厚生労働省に看護師籍が登録された日」です。

私の場合、4月13日に登録されたので資格取得日は「4月13日」ということになります。
合格発表日のことでは無いので注意!

では①と②の条件が揃った時点から1ヶ月以内っていつのこと?

資格取得日が4月13日。
病院等に入職し雇用保険に加入した日は4月1日。申請期限は4月13日から1ヶ月以内ということになります。
①と②が揃ったらすぐにハローワークに行きましょう。

ハローワークは土日祝日は休み。しかも17時くらいまでしか開いてないので1ヶ月あると言っても日時は限られます。
期限にすぎると50万円近くを捨てることになります。

看護師は平日休みもあるので行きやすいと思うので忘れずにハローワークへ。
追加給付をもって筆者の学生時代3年間のハローワーク通いは終了。
担当の方から「3年間お疲れさまでした。看護師としての活躍を期待しています」と言われて少し嬉しくなりました。勤め先を退職したらまた来ますね笑

これから看護師を目指す方へ

専門実践教育訓練給付金の対象校は数少ないです。
しかし対象校に入れたら生活費と学費が返済不要の給付金として貰えるので社会人はぜひ活用するべき制度だと思います。よければ関連記事も読んでみてください。

https://www.dekarin.com/entry/scholarship-url

うさぎをポチッとしていただけると嬉しいです

ブログ村でのランキングが上がります

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる