【看護学校】男子は目立たず騒がず、縁の下の力持ちが看護師への道だよ

看護学生

4月に入り筆者が通う看護専門学校にも男子学生が入学してきました。
去年の男子比率が15%だったのに今年は25%。
今年は男子の入学希望が例年より多かった模様。

正直男子は肩身が狭いです…というか看護学校の女子はパワフルすぎ。
そこで経験から分かった筆者的「男子の立ち振舞い」を記事にしてみました。
女子に嫌われ&逆らったら学校へ居づらくなるよ。

頑張れ新1年生!!

スポンサーリンク

女子グループ(派閥)には決して交わらず中立でいよう

少数の男子は基本的に全員仲良し。
けど女子は何個も派閥があって考え方も違うし、クラス内なのに対立するグループもある(怖いね)
具体的に言うと、現役生グループや社会人&ママさん学生だけで固まったグループなど多種多様。

男子がどこかに肩入れしてグループに入ろうもんなら裏で何を言われるか…
休み時間などに、その人がいないのを良い事に「○○ってマジ調子乗りすぎじゃない」「えっ分かるー」等の会話がチラホラ。
多分絶対に気に入らない男子についても何か悪口を言ってるに違いない…

という事で女子と仲良くするのは良いけど必要以上に1つのグループに肩入れするのは止めよう。
女子同士の面倒な人間関係トラブルに巻き込まれるよ。

スポンサーリンク

グループワークやクラス行事で何もしない男子は使えない扱い

授業のグループワーク、学校祭、体育祭、卒業式、入学式…
普通の学校と同じく看護学校も学校行事は結構多め。

そこで係決めと係内リーダー決めなど正直面倒な事が発生する。
楽な係に立候補しようものなら「それでも男かよ!?」「○○君はこの係ダメ」など非難轟々。
嫌だけど面倒な係に率先して立候補するのが吉(今後も面倒な係を押し付けられる役目なのは悲しい)

そしてグループワークで発言しない男子は使えないレッテルを貼られる。
女子で参加しないor物静かで発言しない人も嫌われるけど男子は一層嫌われる。

グループワークにおいて男子は「発言する(司会含め)、まとめる、他女子と協力する」をしないとダメ。
男子というだけで一定の期待には応えないといけないハードルが発生。
性別に限らず、意見を言えない&まとめられない生徒は実習で苦しむので経験として頑張った方が良いよ。

今の筆者の立ち位置は「頼りないけどやる時はやってくれる」という位置づけで頑張ってます。

スポンサーリンク

男子は少数精鋭。一致団結して困難に立ち向かおう

女子に聞いた所「看護学校に来る男子は優しい人が多い」とのこと。
なので男子同士で派閥が出来ることは決してない(うちの場合)
常に1つのグループである。

テストで辛い時、実習で辛いとき、困難にぶち当たった時は男子同士で相談すればきっと乗り越えられるはず!
そして何より人間関係に上下なども無く楽しい(女子は本当にドロドロ)

1年〜3年生の男子全員が仲良いからテスト対策や実習のコツを教えてくれるので看護学校において男子は得だなぁと筆者は思ってます。

このブログを読んだ男子看護学生や入学を目指してる男子諸君!看護師目指して頑張ろうね。

看護学生
スポンサーリンク
SNSで拡散お願いします(*^^*)
定期更新してるので良かったらフォローお願いします。
アラサー男子看護学生ブログ