【熊グリス】RTX2080Tiのグリスを塗り直し!温度が下がったよ【レビュー】

スポンサーリンク
自作PC

RTX3000シリーズも噂される中、ついにRTX2080Tiを購入。
そして購入一週間もせずに分解&グリスを塗り直し
やっぱりグリスの塗り直しは効果抜群だぞ!というレビュー記事です。

国内未発売のRTX2080Tiを購入

購入グラフィックボードはMSI「RTX2080Ti AERO 11G」という国内未発売の外廃棄モデル。

コアベースクロック:1350MHz
コアブーストクロック:1545MHz
メモリクロック:14000MHz
スペックは定格モデル
FF14しか遊ばないため問題なし!
オーバークロックモデルもゲームプレイでは数FPSしか変わらないので筆者はPower limitを下げ消費電力と熱を下げつつパフォーマンス維持の調整に今ハマってます。
このビデオカードに似たモデルだと「ASUS TURBO-RTX2080TI-11G」ですね。
さっそく分解していきましょー
※メーカー保証は無くなりますのでご注意。

スポンサーリンク

ネジをいっぱい外してグリスを拭き取る!

このカードはバックプレート無しモデル。
国内未発売なので分解箇所をアップしても役立ちそうに無いので割愛。
プラスドライバーでネジをどんどん外していきます。

外装カバーが外れヒートシンクもGPUコアから外れました。

てっきりグリスがカピカピになってるかと思いきやベッタリ塗布。
塗り過ぎじゃない?足りないよりマシだけど。

本当はエタノール入のウェットティッシュで拭くのが良いみたいだけど筆者宅には無いので普通のティッシュで優しく拭き取っていきます。

ある程度、綺麗になりRTX2080tiのダイが見えました!

ちなみにTuringダイの刻印は「TU102-300A」「末尾にA」付き。
メーカーのカスタム仕様やオーバークロックモデルに用いられるダイ。
逆にA無しの無印はメーカーでのオーバークロックは禁じられてます。

RTX2070を分解してグラボのグリス塗り直し。熊グリスで温度が下がったよ
保証を捨ててギガバイト RTX2070「GV-N2070WF3-8GC」をパッカーンしてグリスを塗り直しました。 Mini-itxの窒息ケースなのでGPU温度が心配でしたが熊グリス「Thermal ...

以前、ギガバイトのRTX2070を分解した時は「A」無しの無刻印(A付きも存在する)
このRTX2080Tiは定格ですが素性は高そうです。

スポンサーリンク

熊グリスこと「Thermal Grizzly Kryonaut」で冷え冷え

Thermal Grizzly Kryonautを米粒サイズで四隅と真ん中にチョンチョンと置いて再度組み立て

ゲームプレイで実際に冷えるか試してみました。
プレイするゲームはFF14 漆黒のヴィランズ

Power limit 100%、ファン速度50%固定でプレイ(WQHD最高品質)

塗替え前:最高72度/ブーストクロック平均1910MHz/平均130FPS
塗替え後66度/1970MHz/132FPS
熊グリスへの塗替え効果を確かに実感。
プレイ中の温度が8度も下がったことで余裕が生まれブーストクロックが引き上げられフレームレートも若干アップしました。
この温度であればもっとファン速度を下げて静音化できるかも。これだけ下がるってことは元のグリスが低品質なのか熊グリスが優秀すぎるのか…
スポンサーリンク

グラボ/CPUのグリスで迷ったら熊グリスで間違いない

ちょっと他のグリスと比べて高いですし量も少ないけどアレコレ悩んで色々買うより鉄板の熊グリス「Hydronaut」「Kryonaut」を塗ってしまうのが正解かも(文句無しで冷えるし)
頻繁にクーラーを変える人には高いですけど。

メーカー保証を捨ててでもRTX2080Tiのグリス塗り替えは大成功でした!