【エリコン分解】Xbox Elite コントローラーのボタン陥没。洗浄修理してみた。

スポンサーリンク
ゲーム

世間では「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ 2」が発売中。
しかし筆者はXbox One Elite付属エリコン(4年目)をまだ愛用中。
相棒とも言えるエリコンが不具合を起こしてしまったので分解修理してみた記事です。

※分解過程を途中から取り忘れてしまったので(笑)全く参考になりません!エリコン内部ってこんな感じなんだなぁー程度に読んでくださいね。

スポンサーリンク

コーラがエリコンにぶっかかりXボタン戻らなくなるorz

写真では分かりづらいですがコーラを誤ってボタン付近にこぼしてしまい内部で砂糖が固まりXボタンが数回に1度凹んだまま戻ってこない…
当然ゲームプレイに支障出まくり。
そのほかのボタンも何だか押した感じが重いので分解してボタンパーツの洗浄を決意。

スポンサーリンク

まずはトルクスドライバー(T8)をゲットせよ

分解するにはトルクスドライバーT8が必要なのでAmazonで調達(400円しないのでお手頃)
あと必要なのはマイナスドライバー1本。
早速分解してみましょう。

スポンサーリンク

バッテリー裏側のネジを1個外す(T8)

乾電池を入れるボックス裏側(剥がしたら保証無くなるよシール有り)に1個ネジが隠れてるので取ってしまいましょう。

そしてネジを取ったらグリップカバー側に片側4つのネジがあるので外したら隙間にマイナスドライバーを突っ込み1週すると内部にある6箇所の爪が外れるので後は思いっきり剥がす。
粘着テープでくっついてるから非常に固いですが恐らく折れはしないので思いっきり剥がしました。

※ここから先の分解画像を取り忘れてしまいましたm(_ _)m
エリコンの壊れる場所ってLB/RB側のプラパーツが内部で折れる事が大半。
そこまでの分解記事は多く見つかるもののボタン側のパーツまで分解したレポートが見つからず「ならワイが手当たりしだいバラバラにしてやろう」と夢中で分解してたら写真を取り忘れてしまいました笑

スポンサーリンク

全部バラしてやりました。大変なことになっちゃったぞ。

夢中でエリコンをばらした結果はこちら。
エリコンって3つの基板を縦に重ねてるようですね。
下にある白いゴムパーツがボタン側のパーツ。

白いゴムにはコーラと思わしき茶色い汚れが付着+長年の使用に伴うホコリなどもあり正直汚い。ボタンと一緒に中性洗剤でキレイに洗いました!
写真ないけど十字キー側のゴムパッドも取れるので洗うことをオススメします(結構汚いと思う)

組み立て後は新品同様の押し心地になり大満足。
保証切れてるので定期的な分解掃除もオススメです。

スポンサーリンク

オマケ

ネジが4本余っちゃたな〜一体どの部分で締め忘れたか…
プレイに支障なさそうなのでスルーですが皆さんはネジの脱着時は写真を取ることオススメします。