商品レビュー

【ASUS ROG Keris Wireless レビュー】カスタマイズ性抜群の軽量ワイヤレスゲーミングマウス

ASUSから発売された2.4GHz(ドングル付属)+Bluetooth+有線接続のトライモード接続、軽量ワイヤレスゲーミングマウス「ASUS ROG Keris Wireless」を購入レビュー!
筆者はFF14でしかマウスを使わないので(FPSはパッド)カジュアルレビューになることをご了承ください。

Macにも気軽に使える軽いBluetoothマウスが欲しかったのでWin+Macの両刀使いにオススメできますよ。バッテリーも最大78時間持つので充電を意識しないのも良き。

スポンサーリンク

最軽量だけが良いマウスでは無いと思う。80gがちょうど良いかも

普段使いの有線マウスはCooler Master MM711 という60gの超軽量マウス。
ケーブルも柔らかく今、流行りのハニカム構造マウス。
当初あまりの軽さに感動。しかしマウスをブンブン振り回すタイプでなく手首を支点に振る派なのでちょっと軽すぎて逆に使いづらさを感じることも(個人の意見)

もうちょっと手首に重さを感じたいなぁーという所に「ASUS ROG Keris Wireless」が発売。Windows10のゲーミングマシンには2,4GHz、Macbook ProはBluetooth接続が可能。
そしてType C採用で1万円切り(ライバル?Logicool G PRO X SUPERLIGHTは現在16000円)
多機能性とお手頃感がハマり買いでした。

ロジクール未だにmicro usbってなんとかならなかったのか…


公表通り79g。
持った感じは「あー軽いね」って感じ。Cooler Masterの購入後だと特別に軽くはないですね(これが最初の軽量マウスデビューだったら間違いなく感動)


2.4GHzとBluetoothの切り替えはマウス背面スイッチを上下するだけでOK
一度ペアリングすればスイッチ切り替えた瞬間に接続完了。

スポンサーリンク

付属品いっぱい。サイドボタンとスイッチ交換可能は熱い!


サイドボタンは装着済み含め3種類の中からカスタマイズ可能。
好みの色と組み合わせたりLED(アプリから設定可能)と統一させるなど自分色にカスタマイズできるので気に入ってます。
もちろんLEDは消灯可能。

LED色の変更だけでなくボタンの配置変更も可能。
例えばホイールクリックにDPI変更などなど。


マイクロスイッチ(オムロン D2F-01F)が付属品に入ってるってあまりないですよね。
はんだ付けしなくてもマウススイッチが交換できちゃいます!

裏のゴムをマイナスドライバで丁寧に剥がしてネジを外すと…

パカッと簡単に内部にアクセスができました。
外装がハニカム構造でない代わりに内部フレームはハニカムにして軽量化を図っているみたいです。

試しに装着済みのスイッチを交換(赤いの)
ROGカスタマイズ品は、しっかり押した感覚がありカチカチ、ハッキリしたクリック感。
オムロンの方は小気味よくカチカチ。やや柔らかい感覚。
筆者の好みはオムロン付属品。

筆者はそのうち静音化するためにKailhの静音スイッチに交換してみようかなーと思ってます。
チャタリング起こしてもハンダ付け不要で手軽に修理ができる点を猛プッシュ。
好みのクリック感って大事。


ソールの替えも付属。
QCK MINIを愛用してますがよく滑ってピタッと止まるので相性良好な気がします。
FF14ではそこまでシビアな操作は行わないのでソールは標準で満足。


有線ケーブルは布皮膜でフニャフニャと柔らかいのでマウスバンジーを使わなくてもあまり気にならないかも。

175cmの一般的な成人の手。
被せもちでジャストフィット。ROGのロゴ部分(お尻)が手のひらにスッポリと収まるので吸い付く感覚。これは好みがあるため一度、PCパーツショップなどに行って試用をオススメします。

軽すぎず重すぎずちょうど良い重量感。
大きめに振ってもブレなく止めやすく、手首で細かく振る派も扱いやすいマウス(非対称なので右利き向けです)
まだ使い込んでないのでこれから細かい不満が出るかも知れませんが今の所、不満点ナシ。

スポンサーリンク

ASUS ROG Keris Wirelessは自分仕様に染められるマウス

LED、サイドボタン、マイクロスイッチの変更することで自身の好みにカスタマイズできる点が他社製の軽量ゲーミングマウスに比べ優れていると思います。
マウスセンサー(PAW3335)等のマウス自体の性能評価などは筆者は疎いため機能面中心のレビューでした。

ゲーミング以外にもBluetooth接続でノートパソコンとの相性もOK。
一度、手に取ってみてはいかが?