東映アニメーションミュージアムのレビュー。控えめに最高空間すぎる

雑記

7月28日にオープンしたばかりの新大泉スタジオ内にある「東映アニメーションミュージアム」のレビュー記事です。

写真中心レビューなのでミュージアムの雰囲気が伝われば幸いです。
館内は撮影禁止箇所もあるので撮影する際はご注意を。

スポンサーリンク

場所は練馬区「大泉学園」


「HUGっと!プリキュア」「ワンピース」など有名作品を制作する東映アニメーションは練馬区「大泉学園」にあります。


線路脇の広告には代々プリキュア最新作を掲示してたりとアニメが街全体で受け入れられている印象。


オープン間もないので駅構内にも東映アニメーションミュージアムの宣伝がされてました。
メイン展示物が「HUGっと!プリキュア」なのでプリキュア激推し。

スポンサーリンク

ミュージアム入り口は「長靴をはいた猫」のペロがお出迎え


駅から徒歩15分、すごく綺麗な建物に到着(1キロ少々は疲れた)

ミュージアムは東映アニメーションのスタジオ内に併設されてる為、守衛に入館申請を行うことで(無料)入ることが出来ます。

併設されている公式ショップ


ミュージアム入り口に東映アニメーションのマスコットキャラでもある「ペロ」がお出迎え(長靴をはいた猫)
噴水になってて1時間に1回演出があるそうですが、時間の都合で確認出来ませんでした。

スポンサーリンク

敷地内は緑いっぱい&オブジェに懐かしい面々多数


何のキャラクターかご存知ですか?
「おジャ魔女どれみのマジョリカ」です。
おジャ魔女どれみ世代なので、ちょっと懐かしい気持ちになりました。


すぐ横にはベンチがあり「おジャ魔女どれみ」の変身道具がプリント!
東映アニメーションさん本当にありがとうって感じ。


こちらは「デジモンアドベンチャー」からデジタマが全面プリントされたベンチ。
デジモンも直球世代で心憎い演出…


黒板が設置されていて来場した方が自由にチョークで書き込めるようになっています。

中にはファンから「おジャ魔女どれみ20周年記念の展示をお願いします」なども…
実現したら筆者を含め、大友(大きなお友だち)しか来なさそう笑

キュアアンジュ

キュアマシェリ

スポンサーリンク

館内はプリキュアの展示物でいっぱいでした


いよいよ館内に入ると「映画 HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア」がお出迎え。
プリキュアの展示物中心とのことで楽しみ。





等身大POPの他に数100インチの大画面で劇場版の映像を流したり、常設展示で東映アニメーション制作の歴代作品に触れる事ができました(残念ながら撮影禁止)

またアニメーションの制作工程の解説として動画(コピー)に触れて仕組みを知る体験コーナーなどもありました。
子供は勿論、大人が行っても楽しめるミュージアムですよ。

大きなお友だちも来場してたので(筆者含め)東映アニメのファンはぜひ行くべし!
展示物は時期によって変わるので定期的に来館すると良いかも。

営業時間など
・開館時間:午前10:00〜午後5:00(最終入館 午後4:30)
・休館日:水曜日(その他不定休)
・入館無料
雑記
スポンサーリンク
SNSで拡散お願いします(*^^*)
定期更新してるので良かったらフォローお願いします。
アラサー男子看護学生ブログ