進級が確定しました!いぇい。

【自作PC】Ryzen 5 2600+RTX2070でベンチマークを計測してみた【ゲーミング】

自作PC

先日購入したRTX2070「ギガバイト GV-N2070WF3-8GC」をRyzen 5 2600環境(定格)での各種ベンチマークテストの結果を記事にしました。

ネット上ではi7 9770Kやi9 9900K+RTX2070でのベンチ結果が多いのでRyzen+RTXでゲーミングPCを考えている方に参考になればと。

結果から話すと「AMDはコスパ良いけどゲーミング性能を求めるならインテル」という感想。

スポンサーリンク

まずはRyzen 5 2600+RTX2070マシンの構成から

ベンチマークテスト結果前にPC構成を下記に。
Ryzen環境なのでハイクロックメモリ(DDR4-3200)を使用するなど拘ってます。
ポイントはMini-Itx環境でRTX2070なのでコンパクトでゲーミング性能高めです。

CPUAMD CPU Ryzen 5 2600
マザーボードMSI B350I PRO AC
メモリPatriot Viper Gaming DDR4-3200
SSDNVme intel SSD660P 512GB
ビデオカードギガバイト RTX2070「GV-N2070WF3-8GC」
電源Corsair SF600 SFX電源 600w
ケースAbee AS Enclosure RS01
OSMicrosoft Windows 10 Home
モニターLG 32GK850F-B(32インチ WQHD 144hzモニター)

モニター含めて約20万円の構成です。
ケースが2万円とちょっとお高め(Abeeなので)
ビデオカードは中古のGTX1080Tiを購入しようか迷いつつもレイトレーシング使ってみたかったのでRTXシリーズに。

ベンチマークに使用したNvidiaドライバのバージョンは「419.17」
RTX2070自体の性能はGTX1080は上回るけどGTX1080Tiには程遠い位のスペック。

スポンサーリンク

CINEBENCH R20

Cinebench R15の後継版となる「Cinebench R20」でCPUも計測してみました。
R15と比べてより高負荷でマルチコアに対応してるみたい。

Cinebench R202466cb
Cinebench R151180cb

R15と比べて数値がインフレ気味。
intelと比較するとi7 7770Kとだいたいスコアが同じ。

スポンサーリンク

Time Spy(3D Mark)

Direct X12のベンチマークで代表的な3D Mark「Time Spy」の測定結果。
筆者は無料版なのでWQHD(2560×1440)のみの計測で測定結果は8446
i5-9600k環境の方たちは9400以上出してる模様(多分5Ghz以上OCされてる)

スポンサーリンク

Fire Strike(3D Mark)

Direct X11のベンチマーク「Fire Strike」1920×1080での結果は22516
フルHDだと負荷が軽いのであまり参考にならないかも…

スポンサーリンク

FINAL FANTASY XV

実際にゲームをプレイしてみても重いと感じたFF15の高品質設定でのベンチマークテスト結果。
WQHD位なら60FPSで快適に遊べました。

4KはRTX2080Tiじゃないと60FPS維持は無理っしょ…

1920×1080(フルHD)9164とても快適
2560×1440(WQHD)6837快適
3840×2160(4K)3961普通
スポンサーリンク

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター

定番FF14ベンチ。
高品質/DirectX11/フルスクリーン/解像度はフルHDとWQHDで計測。

1920×108014976非常に快適
2560×144013064非常に快適

i5-9600k環境だとWQHDで17000行ってるみたいなのでRyzen頑張れーと言いたくなるスコア。

スポンサーリンク

Forza Horizon 4

ゲーム内ベンチマークにて計測。
2種類の解像度(フルHD/WQHD)とグラフィック設定は最高画質「ultra」です。
WHQDは平均100fps超えで快適に遊べました。
Xbox One Xで遊ぶよりヌルヌル感を感じたのでFH4は断然PC版をオススメ。

解像度最小fps最大fps平均fps
1920×108098fps135fps112fps
2560×144087fps121fps100fps
スポンサーリンク

Apex Legends

人気バトルロワイヤルFPS「APEX LEGENDS」を実際にプレイしfps値を計測しました。
オンライン環境によってもfps値に変動が出るのでご了承を。
設定はフルHDとWQHDの2種類で計測と画質は全て最高設定。

解像度平均fps
1920×108090〜144fps
2560×144065〜90fps

Ryzenとの組み合わせでもWQHDで60fpsを維持可能でした。
ゲーミングモニター(144Hz等)を所持してる方はフルHDを選ぶとヌルヌルで遊べますよ。

検証モニターは32GK850F-B(WQHD 144Hz)
2560×1440モニターですがあえてfps値を優先しフルHDでプレイ。

スポンサーリンク

Anthem

実はAnthemが遊びたくてRTX2070を購入しました。
ゲーム内容は批判されてますが筆者は結構楽しめてますよ(空を飛ぶって気持ちいい)
RTX2070でもむっちゃ重いゲームっす。

下のシーンを真似てベンチマークテスト(街中が一番重いらしい)
解像度はフルHD&WQHD。グラフィック設定は最高設定

1920×108063fps〜78fps
2560×144044fps〜54fps

フルHDであれば最高設定でも60fpsを切らずに遊ぶことが出来ました。
しかしWQHDではフレームレートがやや厳しい…(PS4やXboxよりは良いんですけどね)

そこでグラフィック設定を1個下の「高」だとWQHDでも60〜75fpsで安定しているため筆者は「高」でプレイしてます(ぶっちゃけアクションだと違いが分からない)

スポンサーリンク

i7 9700kだと更にフレームレートが伸びるが高い!

海外サイトによるとi7 9700k+RTX2070での組み合わせで先ほどのAnthemのシーン。
2560×1440 最高設定

海外サイト(i7 9700k)48〜65fps
筆者環境(Ryzen 5 2600)44〜54fps

最高値で10fpsも違うみたい。
CPUを変えると他のゲームもより高いフレームレートが出るんだろうなと想像。

しかしi7 9700kは5万円と高い!
一方Ryzen 5 2600は2万円とかなりの金額差。
6コアのi5 9600kでも34000円。
RTX2070をRyzenでは生かせてないかも…と思い乗り換えを検討中。

コスパ重視ならRyzenで十分だけどゲーミング性能を求めるならインテルだと痛感したベンチマークテストでした

自作PC
スポンサーリンク
ばぶりん!アラサー男子看護学生ブログ