単位認定テストの連続で更新ががが…

【自作PC】MSI「RX Vega 56 Air Boost 8G OC」購入。外観レビュー

自作PC

コンパクトなゲーミング自作PCを目標に
グラフィックボード「MSI Radeon RX Vega 56 Air Boost 8G OC」を購入。
マイニングブーム時は10万近くでしたが買いやすい価格になってたのでポチっと。

パーツ選択中で全て揃ってない為、今更ながら外観レビューです。
このグラボをレビューしてる人、少ないので良いよね。

問題はMini-Itxケースと電源がネック…後述します。

スポンサーリンク

全長27センチの外排気タイプ


外観はシロッコファン搭載のリファレンスタイプ
基板上の個体コンデンサなどはMSIが定めた高品質部品「ミリタリークラスⅣ」基準となってる為、厳密にはリファレンス仕様ではないです。

比較にDDR4-2400を置いてますがRyzenはメモリクロックが命!と言うことでコチラは使わずDDR4-3200を別途用意中。

グラボスペック
メモリ:HBM2 8GB
GPUベースクロック:1181MHz(OC)
ブーストクロック:1520MHz(OC仕様)
出力インターフェース:HDMI x1/Display Port x3
電源コネクタ:8ピンx2
推奨電源サイズ:650w
ゲーム性能的にはGTX1070ti並(ゲームタイトルによる)
主にプレイするタイトルはFF14とforza horizon 4
VEGA56でのFH4レビューによるとウルトラ設定で4K+60fpsとヌルヌルらしいので楽しみ。Mini-Itxな為、狭いケース内に熱を放出したくないという理由から外排気カードをチョイス。

今のグラフィックボードってDisplay Portが主流なんですね。
HDMIが1ポートはちょっと寂しい。
HDMI規格は2.0bなので4K 60fps出力が可能。
「Air Boost」というモデルらしく通常リファレンス版より排気口の開口部面積が多く取られてます。

グラフィックボードのシロッコファンってオリジナルファン仕様より断然カッコよく思えませんか?

裏面には金属バックプレート。MSIのゲーミングカードらしくドラゴンマーク。

電源を入れるとMSIロゴが赤く光ります。
光る箇所はこれのみで極力、光って欲しくないので好印象。

電源選びを迷わせた8ピンx2コネクタ。
SFXで8ピンが2つって選択肢が限られるんですよね…

スポンサーリンク

ケースはアビー「AS Enclosure RS01」をチョイス


ケースも用意済みでAbee Mini-Itxケース「AS Enclosure RS01」
高さ24センチ、奥行き33センチの小さいケースながら長尺グラフィックボードを積めるケース。

デザインは「NCASE M1」に似てる…サイズも全く同じ…

正直言ってAbeeのケースは高い(このケース2万円くらい)
しかしアルミニウムの加工精度と品質はPCケース界ナンバーワンかと。
末永く使えて愛着が湧くと思えば安いかも。

廃盤品で市場在庫のみ。
高品質コンパクトケースをお探しの方にオススメ。
内部が狭い為、組みづらい点に注意。

スポンサーリンク

積める電源はSFXのみ!選択肢少ないーーー


このケースはサイズ制約上、ATX電源が積めずSFX電源のみ(SFX-LもNG)
SFXで8pinx2って超選択肢が少ない…

コンパクトなハイエンドPCを組む際のSFX電源の定番商品は2製品

silver stoneの方はファンが多少うるさいとレビューで見かけたので多分Corsairを購入予定。
パフォーマンスを抑えてやればMax300w位で収まりますが電源効率的は50%使用時が最高潮らしいので600wがベストかな。

早くMSI VEGA56でゲームがしたいなぁ。

自作PC
スポンサーリンク
ソフトバンクなら月3000円台も可能ですよ
【おとくケータイ.net】MNP/新規でソフトバンクを契約するとキャッシュバックが貰えますよ

ソフトバンクのiPhoneなどにMNPするならキャッシュバック額が大きいネット契約はいかがでしょう?
無駄なオプションの勧誘等も無く街のショップより簡単に契約できますよ。

ばぶりん!アラサー男子看護学生ブログ