単位認定テストの連続で更新ががが…
スポンサーリンク

解像度が向上したFIIO X5 3rdをBAイヤホンで音質レビュー

商品レビュー
スポンサーリンク

Fiio X5 3rdを手持ちイヤホンで音質レビュー

聴感上で感じた素人レビューですが参考にどうぞ。
スペック上の数字よりも聴いて感じた音が最も重要ですね。

【購入レビュー】FIIO X5 3rd(レッド) 購入!質感&ソフトウェアを主観でレビュー【ハイレゾDAP】
個人的大本命DAP、AK4490ENを2基搭載「FIIO X5 3rd generation」を試聴もせず買ったので外観とソフトウェアのレビ...

スポンサーリンク

スペックおさらい

f:id:baburinbaburin:20170514111010j:plain

DSDネイティブ5.6M/FLAC 24Bit/384KHz対応他
DAC:AK4490EN x2
ローパスフィルター用アンプ:OPA1642 x2
オペアンプ:カスタムOPA426 x2
S/N比:115dB(アンバランス)、111dB(バランス)、120dB(ライン出力)
バッテリー容量:3400mAh
再生時間:3.5mmアンバランス 10時間/2.5mmバランス出力 8時間

DACが少々バッテリー食いかな?
再生中は暖かいので夏の時期は暑い(逆に冬はカイロ)

スポンサーリンク

音質レビューは6BAイヤホンのカスタムIEMで

f:id:baburinbaburin:20170514110410j:plain

音質レビューに使用したBAドライバ搭載イヤホンは2種類

  • カスタムIEM版 1964-V6(1964ears製 6BAイヤホン)
  • HEM1(nuforce製 シングルBAイヤホン)

あまり知名度が高くないモデルで申し訳無い。
しかもカスタムIEMの音は私にしか分からないですね笑

HEM1は単体でレビューしてますので良かったら。

【Nuforce】シングルBAイヤホン「HEM1」音質レビュー!広がる音に驚きの低音【ハイレゾ対応】
Fiio X5 3rd generationと一緒に購入したイヤホンの音質レビューとなります。 1万3千円のシングルBAでハイレゾ周波数ま...

各音域の解像度はアップしてる

従来のfiio x5 2ndは中低音域が厚い音の印象(ウォーム系)でしたがx5 3rdはフラットでカッチリとクリアな硬質な音(寒色系)

解像度が向上し誰でも好む音作りに変化と言った感じで各帯域、主張せず淡々と鳴るサウンド(も少し色気が欲しいところ)

モニター寄りで細かい音を聴くという面ではx5 3rdは進化してます。
リスニング向けという事であればAK70を聴いてる方が楽しいかな?
ちょい聴きの際、Fiio x5 3rdは聴き疲れします。

DAC構成はAK320と似てますが音の傾向は全然違います。

駆動力は高く6ドライバも余裕のドライブ

アンプ駆動力が低いDAPで多ドライバを鳴らすとスカスカな音になりますが、fiioらしいハイパワーで1964-v6もしっかり鳴らしてくれます。

250Ω位のヘッドホン位までなら鳴らせるのでは?
低音のアタック力が強いのでAKには無い魅力に感じますね。

スポンサーリンク

総合的に見て買いのDAP

初めてのハイレゾ対応DAPを検討している人にもオススメ出来る音だと思います。
5万円を考えると音質、質感、操作性共に満足の行くモデル。

※2018年現在は中古でかなり安く出回ってるのでいかがでしょうか?

商品レビュー
スポンサーリンク
ばぶりん!アラサー男子看護学生ブログ