【消費税10%】セブンイレブンでキャッシュレス還元を受けてみた。現金払いは損かも。

雑記

10月1日ついに消費税10%の増税が始まりましたね。
毎日の買い物をほとんどクレジットカードや○○Pay(キャッシュレス生活)で済ませてしまってるので国が始めた2%〜5%を値引きorポイント還元される「キャッシュレス・消費者還元事業」は実質負担減になります。
朝イチ、早速セブンイレブンで食料品を買ってみました!

スポンサーリンク

即時現金2%引きはポイント還元より嬉しい

支払いはiPhoneのApple Payに登録してるアメックス(QUICPay)で決済。
ちなみに食料品は軽減税率対象なので8%。
381円に対して「キャッシュレス還元 7円引き」その場で2%現金値引きされました!

クレジットカードのポイントに加えて現金値引きは美味しいかも。
テレビで「増税前の日用品買いだめ」などニュースになってましたが、むしろ増税後に現金値引きやポイント還元された方がオトクだったんじゃない?と筆者は冷ややかに見てました。

セブンイレブンが対象ならイトーヨーカドーも還元対象でしょ?と思ったら…

悲しきかな。お酒は軽減税率対象外の10%…
お会計が1162円だから20円くらい還元されるんだろうなーと思ってたらレシートに記載無し。

PayPayで決済したのでスマホを見てみてもPayPayによる還元のみ。
どうやらイトーヨーカドーは対象外店舗でした(T_T)

それなら近所の対象店舗で買えばよかった。
皆さんは確かめて買いましょうね。

幅広いキャッシュレス決済に対応。現金で買うのが一番損?

セブンイレブンの例ではクレカの他にデビッドカード、電子マネー(Suica、パスモ、ID、QUICPay)や○○Pay等いろいろな決済で実質2%引きの恩恵が受けられる模様。

iPhone7を買ってから筆者はキャッシュレス決済中心に生きてきましたがますます現金での決済メリットが無くなったような…(台風とか災害時は現金大事)
普段の食料品が6%で買えて嬉しい反面、スマホ決済やクレジットカードでの支払いが苦手な高齢者の方々には文字通り増税になってしまい、この制度に全面的に賛成とは言えません。

2020年6月30日まで経済産業省が中心に行うみたいですが10%の税収から還元でバラまくくらいなら(還元分のお金はどこから出てるか筆者は知りません)増税は2020年で良かったのに…

でも始まったことなので筆者はキャッシュレス還元を使い倒します!