ばぶりん!無職ブログ ゲーム~仮想通貨まで

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#ばぶりん!無職ブログ。

ブログ収入でラーメンを食べたいと常々思っております。

YouTubeとユーチューバーがどうやってお金儲けをして収入を得ているか知っていますか?

f:id:baburinbaburin:20170409012202j:plain

YouTubeが「総再生数1万回未満のチャンネルでは広告が表示されない」という仕様に変更したのは記憶に新しいと思います。

 

この記事を読んでいる読者さんは「YouTubeに動画をアップロードしてどうやって収益が発生してるのか?」知っていますか?

 

今回はYouTubeとユーチューバーがどうやってお金を儲けているか?という記事です。

  

YouTubeはクリエイターと広告主を結びつけている

f:id:baburinbaburin:20170409012611j:plain

みなさんもご存知だと思いますがYouTubeは広告収入で成り立ってますよね!

ムービーを再生した時に現れる「広告」をクリック、閲覧された時に広告収益が発生しユーチューバーとYouTubeにお金が入る仕組みとなっています。

 

YouTubeはムービーを制作しアップロードする「クリエイター」動画に広告を出したい「広告主」がいて両者の間にYouTubeが入って成り立っています。

 

つまりYouTubeはクリエイターと広告主を繋ぐ広告代理店的な存在です。

 

bot(ロボット)が自動で広告を配置している

f:id:baburinbaburin:20170409012920j:plain

YouTubeは、どのジャンルの動画にどの広告を配置するかという作業を人間が手作業でやっている訳では無くbotというロボットが行っています!

 

YouTubeにアップロードされる1年間の総ムービー時間はなんと65年!!

1日の視聴時間は10億時間と膨大なのでとてもムービーに出す広告を人間が1つ1つ決めるのは不可能です。

 

そこでボット(コンピューター)が活躍します。

ボットはYouTubeに動画がアプロードされると「ムービータイトル、キーワード、カテゴリ」などを解析してアップされたムービーがどんなカテゴリなのかを判断するみたいです。

 

一方で広告主もbotを使っていて「このムービーのカテゴリには広告を出したいけど逆に広告を出したくないカテゴリは何か」と広告主はボットに学習させています。

 

ムービーが再生されると入札が始まる

f:id:baburinbaburin:20170409014116j:plain

ここからがお金の話でYouTubeの動画がクリックされた瞬間にYouTubeボットが「多分予想だけどこれは◯◯のジャンルで◯◯な内容だよ!」と広告主ボットに対して掲示し広告主ボットは広告主の希望通りに入札を始めます。

なんかすごい話だよね。

 

入札が始まるとYouTubeボットが「この広告主なら1番高く収益を出してくれるだろう」と判断した広告主を選び落札されるというオークション行為が、わずか数ミリ秒の間に行われているみたいです。

これがYouTubeの広告配信の仕組みとなっています。

 

必ずしも最高額入札者が落札されるとは限らない

f:id:baburinbaburin:20170409014229j:plain

最高額を入札したbotが必ずしも落札される訳ではありません!

YouTubeは広告クリックや広告ムービーが視聴された時のみに収益が発生しスキップされた広告に対しては収益が発生しません。

 

なので広告ボットが「高い広告料払うから採用してよ!」と言ってもスキップされまくるコンテンツはYouTube側で「利益を生まない、つまらない広告」と判断し却下します。

大抵広告ってスキップされますよね。

 

逆に「広告単価が低くても高いクリック率なので利益を生む」と判断され落札される場合もあります。

 

YouTubeは趣味嗜好を解析して売っている

YouTubeは利用者の年齢、性別、興味のあるジャンル、視聴履歴、使用端末なども解析していて解析したデータは広告主に売りつけています。

広告主はそれを元にターゲットを絞った広告表示方法を広告ボットに学習させて有利に入札を進めようとしています。

 

なので再生時に表示される広告は個々のユーザー毎に違ってくるので動画が再生される前に表示される広告は決まっていませんよー

 

これはGoogleアドセンス広告も同じで例えば直前に「転職サイト」を見た後にブログ記事のページに表示されている広告が「転職に関する広告」という時はありませんか?

これと似たことがYouTubeでも行われています。

 

余談ですがブロガーの殆どが使っているアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」も年齢、性別、興味のあるジャンルなどが分かったりするので面白いですよ。

ちなみにこのブログに訪れるメイン年齢層は25歳〜35歳で7割が男性です。

 

動画1回再生の収益は0.3円

f:id:baburinbaburin:20170409014329j:plain

一概には言えませんがYouTubeのムービーが1回再生されると0.3円の広告収益が発生します。

1万回再生されると3000円ですね。

 

しかし広告収入はそのままユーチューバーに全て入る訳では無くYouTubeと分け合います。

その割合は…YouTubeが45%、ユーチューバーに55%の割合で入るという噂です。

 

ヒカキン、ヒカル、はじめしゃちょーなど大物ユーチューバーがアップした動画が100万回再生されるとユーチューバー側に16万5千円の収入が入ります!

個々に広告単価調整されている場合があるので、超ざっくりした計算だよ!

 

以上YouTubeに関するお金の記事でした。

 

おわり ツィッターID(@mitemonoaku)