ばぶりん!無職ブログ

アラサー男子看護学生になりました

【Shanling M2s】高音質DAPのレビュー。とってもコンパクトでAK4490搭載とコスパ良し!

f:id:baburinbaburin:20180427042308j:plain

ZX300より軽くて小さいDAPが欲しいな…と思い2万円切ってたので購入してみました。

 

コンパクトなのに価格以上に音質良し!高解像度DAPで満足な品でした。

日本製品だと価格的にウォークマンA40シリーズがライバルかな?

手のひらにスッポリ収まるコンパクト性

f:id:baburinbaburin:20180427042756j:plain

外観レビューは多くのブロガー様が過去に紹介してるので割愛し簡単に。

 

本体サイズは53mmx85.6mmx14.5mmで3インチディプレイ(800x480ピクセル)

成人男性の手のひらにスッポリ収まるサイズ感。

ホイールがAK100を思い出させるデザインで好み。

 

アルミボディ製で重量は100gとほどよい重さ。

プラボディで軽いDAPよりこちらの方が持っててしっくりきます。

「Retina」と表現するディスプレイは非常にキレイで、日本語フォントも美しく読みやすいです。

 

中華DAPも進化してるなーと感じさせてくれる出来。

昔の中華DAPと言えば日本語が文字化けしまくりで「音は良いがUI最悪」でワリキリが必要でした。

 

音質は高解像度でカッチリ濃厚に鳴らす系

f:id:baburinbaburin:20180427044544j:plain

「Shanling M2s」基本スペック

  • DACチップ:AK4490EQ
  • アンプ:TPA6120
  • ローパスフィルター:MUSES8920
  • 再生出力:130mW@32Ω / 12mW@300Ω
  • SN比:≥108dB

最初に聴いた感想は、解像度が非常に高くリスニング寄りサウンド。

フラットでモニター的な音を出すDAPとは対照的な音。

一言で言うと「濃厚サウンド」

 

音色の傾向は「硬質」でエッジが効いてるので、曲と組み合わせイヤホンによっては高音が刺さるかも知れません。

リスニング寄り&高解像度DAPを求める方にはオススメ。

柔らかい音を出すDAPでは無いですね。

 

接続イヤホンは2BA「CTM-VS2

ウォーム系で比較的、ゆったり聴かせるこのイヤホンとDAPの組み合わせは「中和」され良い音で鳴らしてくれてます。

ホワイトノイズは全くクリア。ノイズ面でも非常に優れててgood!

 

記事掲載してませんが6BAカスタムIEM「1964ears V6」も全くホワイトノイズが乗らなかったのでマルチBAイヤホンメインの方も安心して使えますよ。

ポータブルヘッドホンも楽々ドライブ

f:id:baburinbaburin:20180427042308j:plain

ベイヤーダイナミック「T51P」も接続してみました。

ゲインがHigh/Lowと切り替え可能。

ローゲインでボリューム30(MAX100)あれば十分鳴ってくれる音量に。

 

T51P自体が着色された音を出すのでノリよく聴かせてくれる、この組み合わせは相性は中々良し。

 

まとめ:「高出力」「低ノイズ」「デジタル的な音」を求めるなら買い

f:id:baburinbaburin:20180427052300j:plain

ZX300」や「NW-WM1A」のような柔らかい音を出すDAPとは違い、デジタルな音(カッチリ)って感じでAK4490EQの高解像度を全面に押し出したようなDAP。

 

素材(パーツ)の味をそのまま出す「中華DAP王道サウンド」

アプローチとしては低コスト+デジタル音=高性能

 

この価格帯でパーツ性能を素直に引き出した機種は少なくコンパクト&高音質を求める方にはオススメ出来ると思いました。