ばぶりん!無職ブログ。

春からアラサー男子看護学生デビュー!

【自作PC】APU「AMD Ryzen 5 2400G」をMini-ITXマザーボードで自作したい!【ゲーミングマシン】

f:id:baburinbaburin:20180214232646j:plain

久しぶりに自作したいCPU "Ryzen 5 2400G(Raven Ridge)"が出たので構想中のパーツ構成を記事にしてみました。

Mini-ITX縛り"コンパクト性重視"の自作PCです。

 

AMDでの自作は2013年東京ゲームショウで「A10-6800K」を貰った以来なので楽しみ。

ちなみにブース来場者に2万円のCPUプレゼントという神イベントでした。

 

MacBook Pro1台で済ますのは色々厳しい!

f:id:baburinbaburin:20180214234342p:plain

住環境の変化でマイニングPCを処分し部屋にあるPCは「Mac Book Pro」1台のみ。

ブログ更新/デスクトップウォレット管理/画像編集/音楽ファイル管理など1台で済ますのがキツくなってきた模様…

 

Ryzen 5 2400Gで行いたい作業

  1. 仮想通貨トレード
  2. 仮想通貨のデスクトップウォレット管理
  3. 画像編集(デジカメ写真をPhotoshop編集)
  4. 音楽ファイルのサーバー兼リッピングマシン

2番目のウォレット管理はXPコインでPOSマイニングをしているので、組んだPCは24時間起動を視野に入れてます。

 

音楽ファイルはハイレゾ音源含め200GBとMacBook内蔵SSD 256GBから悲鳴が…

MacBook Proはブログ更新用に引退させてあげたい。

 

もう一つデスクトップPCを組みたい理由がXbox One X用に32インチ4Kディスプレイを購入したから。

www.dekarin.com

 

Macだと画面サイズ的にチャートを開くのが2つで限界だから32インチ+4Kは捗るはず!?

 

Macをクラムシェルモードで使うのもアリですが「Magic Trackpad 2」は12000円もするのでMacBook自体のスペックも考えると自作を決意。

 

パーツは8万円以内でそろえたい

f:id:baburinbaburin:20180215001409j:plain

パーツ選定の参考にしたレビュー記事は以下

「Ryzen 5 2400G」「Ryzen 3 2200G」レビュー。デスクトップPC向けRaven Ridgeはゲーマーの選択肢になるか?

 

パーツ構成

Windows10は持ってるので入れてませんが若干足が出てしまいました…

DDR4メモリがやっぱり高ーい!1年前は1万円だった記憶が。

 

CPU:AMD Ryzen 5 2400G

 

レビューサイトによるとi5 8400よりちょい低い性能とGT1030に並ぶグラフィックが付いて2万円とハイコスパなCPU。

 

i5 8400+内蔵GPUで組もうかと考えてましたがAMD党(浮気したけど)なのでRyzen 5 2400Gに決定!

 

Ryzenで組んでもMacBook Proよりは断然Photoshopが捗るのでi5 8400じゃなくてもいいかなと。

 

マザーボード:GIGABYTE GA-AB350N-Gaming WIFI

 

  • Display Port(4K 60fps)搭載
  • Wifi AC対応
  • ブルートゥース4.2対応

モニターにHDMIが1つしか付いてないのでDisplay Port搭載優先で選びました。

 

あとは後述のキングストンDDR4-3200が動作確認済みメモリなのが決め手。

3200は相性がシビアで、全く起動しないor動作クロックを下げないとOS起動不可なマザーが多いので、ギガバイトより安いからとBIOSTARを買うと失敗します。

 

メモリ:Kingston HX432C16PB3K4/16(4GBx2)

 

APUはビデオメモリをメインメモリから持ってくるのでメモリ速度は速ければ速いほどGPU性能に表れてきます(2400と比較して1割以上差が)

けどハイクロックメモリーは高いよー&時期も悪い

 

去年の今頃と比べてメモリ価格が2倍近くまで高騰してるのでメモリ価格だけが本当残念。

 

SSD:COLORFUL SL500 640GB

 

M.2 SSDも欲しいけど高い!音楽ファイル保存がメインなのでコスパ重視で2.5インチSSDを選定。

このSSD 性能はミドルクラスなものの640GBと大容量で1GB単価が最安。

 

これくらい容量あれば音楽&デジカメ写真の保存容量に困らなそう。

 

電源:SilverStone SST-ST30SF V2(SFX 300w)

 

PCケースがSFX電源しか装着出来ないのでコンパクトなSFX電源をチョイス。

Ryzen 5 2400Gの消費電力はフルロードでも120w程なので300wあれば十分。

PC-Q21にこの電源を選ぶ人が多いので鉄板な電源かも?

 

PCケース:Lian Li PC-Q21(Mini-ITXケース)

 

Mini-ITXらしいコンパクト感と価格に対してデザインが良し。

MacBook Proと一緒に置いても違和感なし。

f:id:baburinbaburin:20180215015929j:plain

アルミ素材で軽量な上にアルマイト加工をしてるので安っぽーい感じは一切無いのが特徴ですね。

 

唯一、難点は光学ドライブが「薄型スロットイン式」な点。

種類が少なく高いです(DVDドライブでもケースと変わらない値段)

内蔵したい人には注意!

 

まとめ:ライトゲーマーにオススメなCPU

f:id:baburinbaburin:20180214232646j:plain

私の使用環境でGPU性能を重視する場面は少ないですが普段遊んでいるゲーム(オーバーウォッチなど)がフルHD&少しグラフィック設定を落とせば60fpsキープできるのでライトゲーマーにとって安くゲーミングPCが組めるCPUでは無いでしょうか?

 

メモリ価格だけがネックですが2月〜3月に組んでMacBook Proと2台体制でPCライフが送れたらいいなぁー

自作PCってパーツ構成を考えている時が一番楽しいですよね笑