ばぶりん!無職ブログ ゲーム~仮想通貨まで

#ばぶりん!無職ブログ。

ブログ収入でラーメンを食べたいと常々思っております。

【イーサリアム】RX570/RX580を6本以上でGPUマイニング出来るマザーボードまとめ【仮想通貨】

f:id:baburinbaburin:20170704004001j:plain

仮想通貨マイニングブーム加熱により一昔前はPC用マザーボード1枚にグラフィックボード4本〜5本でのマイニングが主流でしたが、現在はマイニング専用マザーボードの登場により6本〜13本対応製品が急激に登場しました。

 

そこで今回はRX570/RX580/GTX1060等に限らず6本以上対応のマイニング向けマザーボードをまとめてみました。

※7/7 ギガバイトのマイニング専用マザーボードを追加しました(6本)

 

関連記事

【イーサリアム相場下落】RX580 仮想通貨マイニング6月収支報告…10万円届かなかったぁぁ

RX570/RX580で仮想通貨のマイニングをして儲けよう!準備編【ビットコイン】

 

6本差し対応マザーボード

GPUマイニングの主流だと勝手に思っている6本差し対応マザーボードはASRockやBIOSTARが専用品を出すなど種類が豊富です。

BIOSTAR「TB250-BTC」

B250チップセット搭載で専用品なので難しいBIOS設定などをする事も無くすんなり、ライザーケーブル接続したビデオカードが6本認識するのがウリなマザーボード。

安価なLGA1151 Celeron G3900などのCPUとの組み合わせがオススメ。 

BIOSTAR 「TB350-BTC」

マイニング専用マザーボードとしては初?となるAMD Ryzen5/7用のマイニングマザーボード。

CPU自体はハイスペックなものの2万円〜と高価。

GPUマイニングにはCPUパワーが必要無いのでCPUで掘れるコインをGPUマイニングと同時に行うならアリかも。

 

13000円程で買える安価なマザーボードなので現在のAamazon価格に注意!

GIGABYTE 「H110-D3A」7月中旬〜下旬発売

f:id:baburinbaburin:20170707011519j:plain

ギガバイトからもPCIe x16 1本 PCIe x1 5本搭載の仮想通貨マイニングに特化したマザーボードが登場しました。

まだAmazonには登録がありませんが、7月中旬には秋葉原のPCパーツショップに出回るそうです。

 

多分価格も他社と変わらず1万円前半なのでは?

GA-H110-D3A (rev. 1.0) | Motherboard - GIGABYTE(公式HP)

ASRock 「H81 Pro BTC R2.0」

H81チップセットと旧世代の製品ですが、最近アスロックが「R2.0」と型番に付けて再販した製品。

LGA1150やDDR3メモリなどが余っている人には資産活用が出来るマザーボードです。

逆にCPUを新品で手に入れてまで使うマザーボードでは無いのでお気をつけを。

ASRock 「AB350 Pro4」

TB350-BTCと同様にAMD Ryzen用マザーボード

PCIe x16 2本、PCIe x1 4本搭載で専用品では無いものの海外では6本差し認識実績アリのマザーボードです。

 

7本差し対応マザーボード

マイニング専用マザーボードでは無いものの認識実績アリのマザーボード紹介となります。

私も現在7本でマイニングしております。

ASUS 「H270-PLUS」

PCIe x16 2本、PCIe x1 4本を標準で搭載しており一見6本までの対応に見えますが、M.2スロットをPCIe X4に変換する事により7本までグラボが認識します。

しかしこの変換アダプターは中国からの輸入位でしか手にはいらないので入手性に難アリ(aliexpressで4〜5ドルくらい)

 

6本対応マザーボードとしては安価なので6枚用として使うのが良いかも。

f:id:baburinbaburin:20170704014222j:plain

MSI 「Z170A GAMING PRO CARBON」

私が現在RX580 7枚で使用しているマザーボードです。

特に難しい設定も要らずに認識しており耐久性もあるので気に入ってます。

現在は新品で手に入りづらいのが難点…

f:id:baburinbaburin:20170611192942j:plain

8本〜13本差し対応マザーボード

ここまで来ると紹介できるマザーボードが少ないのでまとめました。

13枚対応とか変態なマザーボードはあそこしか無いですよね…

 ASUS 「PRIME Z270-A」

PCIe x16 3本、PCIe x1 4本搭載しており「H270-PLUS」と同様にM.2スロット→PCIe X4を使うことにより8本差しに対応します。

7枚用として考えるのが良いかも。

13本対応 ASRock 「H110 PRO BTC+」

変態ASRock先生がやってくれました!13枚対応マザーボードです。

PCIe x16が1本にPCIe x1が驚異の12本とレイアウトがギチギチ過ぎて笑ってしまいます。

7月7日発売で価格も1万5千円と安価なので私も買おうと思います。

 

注意点が1点あり現状のAMDビデオカードドライバでは8枚までの対応の為、現在AMDとASRockが共同でドライバの開発を行っており、新ドライバアナウンスがあるまでは8枚までの対応となります。

 

バイオスターからも12枚対応マザーボードをリリース予定

f:id:baburinbaburin:20170704020925p:plain

「TB250-BTC」の上位版として「TB250-BTC PRO」として近々リリース予定みたいです。

ASRockと違いPCIe x1スロットの配置に余裕がありライザーケーブル同士の接触によりショートを防ぐとの事。

TB250-BTC PRO Ver. 6.x INTEL(公式HP)

 

アスロックの「H110 PRO BTC+」と発売日が近ければ欲しかったです。

f:id:baburinbaburin:20170704021445j:plain

まとめ

ざっと現行製品でのマイニング向けマザーボードをまとめてみましたが、簡単に手間なくマイニングしたいという事でしたら「TB250-BTC」が1番ベストかなと思います。

ASRockからもLGA1151用の6枚対応マザーボードが出てくれると嬉しいんですが。

 

ユニークな製品が続々と出てきて面白くなってきました。

よいマイニングライフを!

 

関連記事

RX570/RX580で仮想通貨のマイニングをして儲けよう!準備編【ビットコイン】

ModBIOS RX580での仮想通貨マイニング6月途中収支報告【採掘難易度急上昇中!】