ばぶりん!無職ブログ。

ブログ収入でラーメンを食べたいと常々思っております。

【ヤフオク かんたん決済】改悪が目立つヤフオクが珍しく「かんたん決済」で落札システム利用料の改善?を行った話

f:id:baburinbaburin:20170321125115p:plain

落札システム手数料を5.4%→8.64%にするなど数々の改悪ばかりが目立つヤフオク(Yahoo!オークション)ですが3月16日から落札者がYahoo!かんたん決済を選んで支払いを行うと落札手数料(8.64%)引いた状態で出品者に、お金を振り込むという規約変更を行いました。

 

Yahoo!かんたん決済の仕様変更および落札システム利用料の一部値下げについて(更新) -お知らせ - ヤフオク!

 

これを改悪だ!と唱えるユーザーがいる一方で僕はメリットだと感じたのでメリットデメリットに注目してみた記事になります。

ハゲ税は振込時に支払いへ

f:id:baburinbaburin:20170321132210p:plain

f:id:baburinbaburin:20170321125115p:plain

冒頭でも述べましたが3月16日よりYahoo!かんたん決済での出品者への振込金額は落札システム手数料を引かれた金額が銀行口座に振り込まれるようになりました。

わかりやすい仕組みは↑↑の画像から。

 

メルカリも手数料を引いた代金を振り込みますよね。

メリットとデメリット

落札者メリット・デメリット:特に無し

 

出品者デメリット:いままでは落札手数料がそのまま振り込まれ手数料の請求は末締めの翌月支払いの為、手数料分も含め資金繰りをしていたがハゲ税が即時引かれた金額で入金されると当月の仕入れに当てる金額が減る。

 

これは個人出品者側のデメリットでは無く法人出品者がデメリットと感じている事で毎月100万〜1000万単位で売っている販売業者向けデメリットです。

個人出品者にはさほど影響は無いと思います。

 

むしろ個人的には落札手数料含めて振込金額を使ってしまい翌月末のクレジットカード請求にビビる必要が無くなったのでアリですね。

 

一部の人にデメリット:クレジットカードの引き落としがなくなる事によりカード会社からのポイントが貰えない。

ヤフオクのハゲ税(落札システム手数料)引き落とし金額の1%〜2%のポイントも大事と考えるユーザーにとっては痛いかも知れません。

 

出品者メリット:1番メリットに感じた点は「締め日を超えてからの落札者都合キャンセルでも手数料を取られない」です。

近年は身勝手な落札者が多い

数年前までは、ヤフオクで5000円以上の入札を行うにはYahooプレミアム会員への登録が必須で落札者側もお金を払ってオークションに参加していた時期もあり、出品者/落札者側にもある程度の民度が存在していました。

 

近年5000円以上の入札が誰でも無料で出来るようになり落札後、最初の取引メッセージで一言「やっぱり要らないのでキャンセルをして下さい」など身勝手な入札/キャンセルが横行するようになりました。

これの痛い点は「月末の締め日後にキャンセルとなった場合は取引の有無を問わず落札システム手数料をヤフーに問答無用で取られる」ので出品者は泣き寝入りするしかありませんでした。

 

例えば 2/27落札→2/28に「やっぱり要らねキャンセル」でもヤフオクからは問答無用でハゲ税を徴収されるので落札者に「それは困る」と事情を説明しても「そんなの関係ねぇ!!!」とバックレられます。

 

落札額数万円の商品でやられて手数料4000円〜5000円取られた時は落札者に鬼電した記憶も…その後、月末の出品は終了期間を翌月にしたりと工夫しましたが月末が金曜日でアクセスが伸びる曜日だと終了日時の設定が悩ましいです。

 

今回の規約変更により落札者が「Yahoo!かんたん決済」を選択し落札者からの入金待ち状態の時にキャンセルとゴネられて月をまたいでもヤフーから手数料を請求される事はなくなりました。

銀行振込などの場合は以前どおり締め日後の翌月に請求されます。

まとめ

今回ヤフオク側が珍しく改善を行ってくれたので身勝手なクソ落札者に悩む出品者が多少は減ったと思うので、良いぞもっとやれ!だと思いました。

なんでもかんでも無料にしやがったらマナーやモラルが低下するんだぞ分かったかハゲオク!!

 

※ヤフオクの関連記事も書いてますので良かったら読んでみてね。 

雑記 カテゴリーの記事一覧